嫁とだんなと事故車
ホーム > 注目 > 年収を証明できるほうが望ましい

年収を証明できるほうが望ましい

無職だとキャッシングの申し込みをしても審査に通らないと思われがちですが、実際はさほど困難ではありません。

 

オークションを使った商売やアフィリエイトの収入も自営業になりますし、その間の経歴を「フリーター」と書けば無職という必要はありません。

 

しかし、今までのキャッシング件数が多かったり、トータルの借り入れ金額が多かったり、在宅確認ができなかった人などは借り入れが難しいので、自分が当てはまるかどうか考えてください。

 

以前、旅行をしていてある地方にお伺いした時のことです。

 

夜更けにコンビニにお金を引き出しに行ったのですが、自分が使用中の地銀のキャッシュカードを夜間に使おうとしましたができませんでした。

 

けれど、なにがなんでもお金がいりましたのでセディナのクレジットカードでキャッシングを使用しました。

 

頭を抱えていたのでかなり救われました。

 

貸金業にかかわる法改正により1社で50万、もしくは他社と合わせて100万を超えるキャッシングの場合は年収を証明する書類が必要ですが、ひっくり返して言えばそれ未満であれば年収証明がなくても問題ないということも考えられます。

 

ですが、それ未満でも年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。

デリケートゾーン黒ずみクリーム